ジスロマックの効果

blue drugs with circle shape

ジスロマックは、性感染症のひとつであるクラミジア治療によく用いられる治療薬です。
マクロライド系の抗生物質となっており、これによってクラミジアの原因となっている菌を殺菌し、同時に感染によって発症していた症状を緩和してくれる効果を持っているのです。
また、ジスロマックで治療することができるのは、何もクラミジアだけではありません。
この抗生物質の効果で殺菌することができる範囲は幅広く、クラミジアと同じ性感染症のひとつである淋病や、炎症に対する治療薬としても用いられているのです。

ジスロマックを購入する場合、250mg、500mg、1000mgと3種類の錠剤が存在しますので、必ず適した用量のものを購入するようにしましょう。
また、この用量の種類によって服用方法も変わってきます。
正しく服用しなければ副作用が生じる危険もありますので、用法用量をしっかり確認したうえで服用するようにしましょう。

ジスロマックを服用することで生じる可能性のある副作用はさまざまですが、最も多いのが胃腸に関する症状です。
具体的には胃痛や吐き気、下痢などとなっていますが、どの副作用が生じたとしても軽度で済むことがほとんどです。
しかし、これらの副作用がなかなか収まらず、むしろ悪化してしまうようなことがあれば、必ず医師に相談するようにしましょう。
胃腸に関する症状だけではなく、人によっては軽い目眩などが生じることもあります。
これらもやはり軽度であることがほとんどなのですが、服用後に高所での作業や運転はなるべく控える方がいいでしょう。